2006年12月12日

産まれましたが・・・

前日(11日)から様子を見ていたものの、落ち着きがない状態以外は変わった
様子は特になかった。

08:00・・・いったん仮眠をとる

12:00・・・ももの奇声で目が覚める。その後嘔吐。

さすがに変だと思い、病院へ行く支度をしていたとき陰部から緑色の液体が出る。それを舐め取った為か、嘔吐物もその後緑色に・・・

ももを抱きかかえ、タクシーで病院へ・・・

12:30・・・病院到着
ドクターから1匹の心拍が下がってきていると伝えられる。
いつ帝王切開になってもいいように血液検査などを行うそうだ。(麻酔のため)

しかし私にはいきなりのお腹を切るという状況に面食らってしまい、頭が混乱。
病院側もそれを察して、一応陣痛促進剤で陣痛を起こさせてみると言われ承諾。

病院にいても何時になるのか分からないので一度帰宅してくださいと言われる。


15:00・・・病院から電話
1匹目は自然分娩で産まれたものの死産であったと告げられる。
この時もう1匹の心拍も下がってきていると言われる。
もう少し陣痛促進剤で頑張らせて、もうダメだとなったら病院の判断で帝王切開にするということで了承する。

ももが吐いた後や、グチャグチャになった部屋を見渡しながらとにかく泣くばかりであったが、これでは頑張っているももが帰宅後快適に過ごせないと思い片づけを始める。少し気が紛れた。


17:00・・・帝王切開にて第2子が元気に産まれたと連絡がある。
ももは、ショックなどもなく正常だそうだ。
ただしまだ眠っており、麻酔から覚めるまで時間がかかるため、一度見に来られるかと聞かれたが、正直産まれた子供にはまだ何の感情もなく、昏睡状態のももを見たら取り乱しそうだったので、面会はお迎えの時でいいと断る。


20:00・・・キャリーを持って病院到着
ももはちぎれんばかりに尻尾を振り出てきた!!!
そんなももを見て安心した私は再びロビーで号泣。
診察室に通されもものお腹の傷をひとしきり見た後、ダンボールに入れられた赤ちゃんと対面。丸々とした男の子(200g)だった。

そして、もう一つ白い箱。亡くなった第1子、女の子(180g)だった。
お線香が添えてありすでに固くなっていた。涙が止まらなかった。

連れて帰りますかと問われたが埋葬先が見つかるまでの間、家庭用の冷蔵庫などで保管するのは忍びない。
病院でも合同埋葬をやってくれるとのことだったので、それでお願いすることに・・・

その後、今後の説明(授乳の仕方・排泄物の処理・ももの投薬)を受け帰宅となった。

帰宅後、色々考えました・・・

『仮眠をとらなかったら・・・』
『迷っていないで病院についてすぐに帝王切開に踏み切ったら・・・』
『妊娠させなかったら・・・』


考えれば考えるほど自分に対し腹が立ち、悔やんでも悔やみきれない気持ちでいっぱいになりました。

もう一度やり直しが利くのなら神様にお願いしたい気持ちでいっぱいですが、きっとこれが私、そしてももの運命なのだと思い、今生きてる子を亡くなった子の分まで可愛がろうと決めました。

長い長い一日でした。

---------------------------------------------------------------------------------

【ご心配してくださった皆様へ・・・】

ご報告が遅れて申し訳ありませんでした。
日記の日付けは12日ですが、実際は4日後の更新となってしまいました。

mixiでは報告を済ませていたのですが、じゃあ次はブログ!となったとき、どうしても気力が湧かず、また産後バタバタしていたため今になってしまいました。

辛い出来事でしたが、もう立ち直っていますので安心してください。

今後とも応援宜しくお願いいたします!!!

ニックネーム ももママ♪ at 22:55| Comment(9) | TrackBack(0) | 妊娠・出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変でしたね。
胎盤が剥がれてから、出産するまで時間が掛かり過ぎましたね。
ももちゃんと男の子が無事だったのは、本当に幸運だったと思ってください。
人間だったら、胎盤早期剥離は母親も赤ちゃんも命が危険なのですから。
きっと、生まれてきた男の子は生命力が強いのですね。大事に大事に育ててくださいね。ももちゃんの方も身体のダメージが大きかったので、栄養をたっぷり取らせてあげてくださいね。
うちのぴーも毛の色がいっぺんにあせましたから。産後太りなどは気にせず、食べたいだけ食べさせてあげてくださいね。
赤ちゃん用の粉ミルクをかけてあげるといいですよ。

うちは車で5分かからない所に、延命自尊犬猫墓苑があるのでそこへ連れて行きました。
Posted by みゆきママ at 2006年12月16日 19:50
お疲れ様でした。大変でしたね。
いいほうに考えて、ももママさんが頑張らないとももちゃんも頑張れないですよ^^
お星様になった女の子は、絶対何かを残して行ってくれてるはずですから。

mixiやってるんですか?私もやってます^^ 私は、桜と雷蔵でそのままなので是非マイミクでも^^

また、お邪魔します。
Posted by Miwacchi at 2006年12月17日 00:03
お〜っ!!こっちも更新したね
ももちゃんの下僕として順調にやってるかしら?
忙しいだろうけど無理しないでね


Posted by mindon at 2006年12月18日 10:45
生まれましたね!
おめでとうとザンネンと両方ですね。
色々な後悔はあると思いますが、
ももちゃんと男の子の健康と
自分のゲンキを一番に考えて、
今は明るくがんばってください。
2ワンはももママさんの笑顔と
暖かいご飯が必要ですからね(^_-)---☆Wink
よかった、ももちゃんがゲンキで。
男の子がゲンキで。
Posted by くり at 2006年12月20日 21:34
出産おめでとうござます!
大変でしたね、でも、ママさんががんばったから、
これからはももちゃんとゆずくん親子で亡くなった
女の子の分までしあわせに、
そしてママさんをしあわせにしてくれるでしょう★

これからの成長が楽しみです♪
親子で遊びに顔だして下さいね(^^)
Posted by AERU at 2006年12月21日 00:05
ももママさん、こんばんは。
1/4はお疲れ様でした。
そして交換して頂いてとても助かりました。
本当に有難う御座いました。

ももちゃんの出産は大変だったんですね。
ももちゃん頑張ったね。女の子は残念でしたが・・・。
ゆずくんがその分幸せに暮らしてくれると思いますよ。

今度、ももちゃん、ゆずくんに合わせてくださいね。

かみさんが書いてるブログです。あまり更新してませんが、たまに夏が出てきますので暇な時にでも覗いて下さい。
Posted by 夏パパ(ふぇれ仲間ではMASA) at 2007年01月08日 00:22
はじめまして!私も遊びに来ました!おっぴかぴか(新しい)exclamation×2同じ区内ですかぁGoodこれからもどうぞよろしくね。

そしてぷぅよりほんの2ヶ月お姉さんでママになったももちゃんはすごいな。
 
哀しいこともあったのですねたらーっ(汗)・・。またももちゃんの様子を見に来ますね。がんばってくださいるんるん

Posted by ECO&PUU at 2007年01月17日 07:50
こんにちは!ももちゃん大変でしたね。でも無事でなによりでした。

赤ちゃんも女の子は可哀想でしたが、きっとその分も元気に生まれた男の子が生きてくれると思います。
頑張って下さい。
Posted by プリン at 2007年01月17日 15:12
はじめまして!ももちゃん、そしてベビーちゃん!我が家のライラも昨年の夏にベビーを出産しました。なんと同じブリーダーさんにお世話になってました!と言うことは親戚さんですねぇ〜わーい(嬉しい顔)よろしくー(長音記号1)!!ライラは食が細くて、つわりも長かったので大変苦労しました。何とか妊娠中に体重を増やしたくても食べてくれず、なかば強制的に口に入れて食べさせたり〜エスビラックミルクを飲ませたりと・・・。予定日前のレントゲン検査で、1子確認。でもライラには大きいベビーなので、自然分娩は無理でしょうとの判断から、その日にブリーダーさんにお預かり〜 2日後に病院で帝王切開で男の子を出産しました。170グラムの大きいベビーちゃんでしたよ!お腹の中に小さな小さな、かけらのようなベビーがもうひとつあったそうです。ライラの食事の管理が上手くいっていれば・・・と反省。今は親子仲良く元気に、と言うよりベビーが スクスク育ちライラとサイズが変わらないくらいです。ももちゃんのベビーちゃんは、離乳食を食べ始めてる頃でしょうか?元気にスクスク育ちますように!
Posted by ライラママ at 2007年02月02日 22:23
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/639793
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック